3kwhクラスの小型風力発電機WinWin3000は、韓国側代理店の強い要望で開発が進められてきました。韓国市場におけるメインストリームである3kwhクラスであること、日本より風況が芳しくない韓国で実用に足りるだけの低風域での発電効率が高いこと、コストパフォーマンスに優れていることなどを念頭に、次世代型小型風力発電機『TOMOの風』YG-5000の開発で培われた技術を十分に活かした開発がなされました。

クラスであること、日本より風況が芳しくない韓国で実用に足りるだけの低風域での発電効率が高いこと、コストパフォーマンスに優れていることなどを念頭に、次世代型小型風力発電機『TOMOの風』YG-5000の開発で培われた技術を十分に活かした開発がなされました。
そして、2011年10月19日よりソウル(大韓民国)COEXにて開催された『REK2011』にて初公開されました。REK2011でも大きな注目を浴び、好調な滑り出しを見せたWinWin3000。もちろん国内でも風況のあまりよくない地域や出力として3kwhクラスで十分な供給となるような施設・事業所向けへの展開が期待されます。